善五郎の滝(Zengoro no taki)

長野県松本市安曇地図
 乗鞍岳の溶岩が川をせき止めて滝になったもので、水の浸食により今でも滝は後退を続けています。
 駐車場から10分ほどで滝前へ行くことが出来ます。


撮影2005/11/13
善五郎の滝 (ゼンゴロウノタキ) 落差30m 評価8
 この滝も番所大滝同様、水量豊富で、幅広のため、水がカーテンのように見えます。溶岩が川をせき止めて滝になったようですが、水の浸食により今でも滝は後退を続けているそうです。


撮影2008/2/23
善五郎の滝 (ゼンゴロウノタキ) 落差30m 評価8
  乗鞍スキー場の近くにある善五郎の滝は、さすがに寒く完全に凍っていました。水がきれいな為か、氷が青く輝いていました。
 滝の映像


撮影2010/10/24
 遊歩道はまさに紅葉の道でした。風が吹くとドングリの実が頭の上に落ちて痛いくらいで、秋の実りを身体で感じてきました。
 単なる案内板が、今日は紅葉で眩しいくらいでした。
善五郎の滝 (ゼンゴロウノタキ) 落差30m 評価8
 前回は行かなかった展望台へ行って見ました。
 遠くに乗鞍の噴火口が見え、廻りは紅葉と針葉樹の緑が絶妙のコントラストを見せていました。
 滝前からも紅葉と滝の流れを楽しむことが出来ました。
 滝の映像
 善五郎の滝付近から見る山々はまさに紅葉真っ盛りで、たくさんの人がその景観に見とれていました。


撮影2015/9/5
 乗鞍エコーラインをマウンテンバイクで降りている途中に立ち寄ることにしました。
 滝名の由来は、昔、善五郎という木こりが、この滝で大きな岩魚に滝つぼへ引きずり込まれたことから付いたそうですが、ありえない話なので、村人が嘲笑してゼンゴロウの滝という名前をつけたのかもしれません。
善五郎の滝 (ゼンゴロウノタキ) 落差30m 評価8
 今までで最も水量豊富な滝を見ることが出来ました。
 滝の映像


撮影2018/2/17
 10年ぶりの冬の善五郎の滝へ行ってきました。
 遊歩道は完全に雪の中ですが、踏み跡はしっかりしています。
 展望台との分岐点の標識もすっかり雪に埋もれていました。
 雪の橋を渡るといよいよ滝前です。
善五郎の滝 (ゼンゴロウノタキ) 落差30m 評価8
 最初は滝つぼへ行きましたが、物凄い人です。
 滝つぼまで完全に氷っており、アイスクライミングをしている人もいました。
 丁度、登り切ったところです。
 この後、展望台からも滝を見下ろしましたが、氷壁にへばりついている人が良く見えました。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。