狸谷山不動院の滝(Tanukidanisanfudoin no taki)

京都府京都市左京区一乗寺松原町
 狸谷山不動院は、平安京に遷都した桓武天皇が都の北東にあたるとして、鬼門封じの不動尊を安置したのが始まりです。


撮影2019/3/30
 交通安全自動車祈祷殿に車を停めて修行の滝へと向かいます。
 交通安全自動車祈祷殿とは道路を挟んだ反対側に滝への入口があります。
修行の滝 (シュギョウノタキ) 落差5m 評価2
 かろうじて水が流れていました。
 続いて本堂へと向かいます。
 入口には狸谷山不動院の名の通り狸の置物が迎えてくれます。
 本堂へ行くには250段の階段を登らなければなりません。
 迎え大師が迎えてくれました。
 清水寺のような舞台がある本堂です。
宮本武蔵修行の滝 (ミヤモトムサシシュギョウノタキ) 落差5m 評価2
 この滝は、宮本武蔵が吉岡一門との決闘を前に滝行をしたといわれています。
 この滝での修行により、武蔵は己に克つ不動心を感得したそうです。
 滝の映像


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。