涼風の滝(Suzukaze no taki)

岩手県八幡平市
 涼風の滝は八幡平の南側、樹海ライン沿いに見ることが出来ます。


撮影2016/8/15
 八幡平は今ではアスピーテラインや樹海ラインが通り、山頂まで歩いて30分で行くことが出来ます。
 今回は八幡平山頂駐車場に車を停めて、八幡平山頂を目指しました。
(携行装備)
 ・登山靴、ダブルストック、帽子、手袋、レインウェア
 ・GPS、コンパス、高度計、気圧計、温度計、地図、デジカメ、ヘッドライト
 ・食料(カップヌードル×1、おにぎり×2、キャラメル×1、ペットボトル×2) 、熱湯用水筒
(13時10分)
 往復1時間なのでザックは背負わなくても良かったのですが、雨が降りそうでしたので、念の為、登山装備で出発しました。
 今回は八幡沼とガマ沼の間を抜けて頂上展望台へ行き、帰りはめがね沼を見て帰る周遊コースとしました。
 駐車場から道路を渡ったところが登山口になります。
 登山道はハイヒールでも十分歩けそうです。
 八幡沼を一周するコースとの分岐ですが、ここは左側へ向かいます。
 左側にガマ沼が見えました。
 右側には八幡沼が見えます。
(13時35分)
 駐車場から30分弱で八幡平山頂に到着です。
 山頂には展望台がありましたが、あいにくの曇り空で何も見えませんでした。
 山頂には二等三角点の「八幡平」がありますが、真っ平でどうみても山頂には見えません。
 帰りはめがね沼を周遊するコースにしました。名前の通り、同じぐらいの大きさの沼が二つ並んでいました。
 さらに進むと鏡沼です。
 こちらは不思議な凹地です。
(14時10分)
 ほぼ1時間で八幡平山頂を周遊してきました。百名山でも最もお手軽なコースかもしれません。
 駐車場からは岩手山が見えました。
 来るときは秋田県側の八幡平アスピーテラインから来ましたが、帰りは八幡平の南側を走る八幡平樹海ラインで降っていると、涼風の滝の案内板が道路脇にありました。
涼風の滝 (スズカゼノタキ) 落差30m 評価3
 計算されたような石組、両脇の緑の木々、その間を流れる一筋の滝の流れと、まるで日本庭園にあるかのような滝でした。
 滝の映像


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。