精進ヶ滝(Shojigataki)

北杜市 総合評価10
 石空川(イシウトロガワ)渓谷には、東日本で最高の直瀑落差を誇る精進ヶ滝があります。残念ながら、通常の装備では滝下まで行けませんが、滝見台へ行くだけでも、遊歩道沿いに大小たくさんの滝や渓谷、奇岩を見ることが出来、結構楽しむことが出来ます。滝見台までは40分ぐらいかかります。


撮影06/7
 夏真っ盛りの日に精進ヶ滝まで行ってきました。駐車場から40分ぐらいですが、夏の暑さに結構、疲れました。
一の滝(イチノタキ) 落差6m 評価3
 遊歩道を歩いていて、最初に現れる滝です。別名「魚止めの滝」といいます。
二の滝(ニノタキ) 落差15m 評価6
 一の滝のすぐ上にかかる滝で、落差も15メートルでなかなかの滝です。別名「初見の滝」といいます。
 滝の映像
三の滝(サンノタキ) 落差6m 評価3
 ニの滝のすぐ上にかかります。橋を渡りながら見ることが出来ます。別名「見返りの滝」といいます。
九段の滝(クダンノタキ) 落差35m 評価8
 精進ヶ滝の前にかかる滝で、階段状に何段にもなって流れ落ちます。滝つぼまで行きましたが、上段が狭く下部が広がって落ちる滝の為、水がシャワーのように降りかかって非常に気持ち良く、夏行くには最高の滝です。但し、滝前に行くには沢の中を歩くので、沢登りの装備(もしくは濡れても良い覚悟)が必要です。
 滝の映像
精進ヶ滝(ショウジガタキ) 落差121m 評価9
 左の二枚の写真は、途中の林道からの遠望です。真ん中辺りに遊歩道のスタート地点である吊橋が見えますが、吊橋から精進ヶ滝まで、結構、距離があるのがわかります。
 遊歩道は1,220メートルあり、片道40分ぐらいかかります。遊歩道終点の滝見台からは九段の滝と精進ヶ滝の上部だけ見ることが出来ます。遠望ですが、迫力は伝わってきます。機会があれば、是非、真近から見たいものです。
 滝の映像
精進ヶ滝遠望 精進ヶ滝遠望 九段の滝と精進ヶ滝 精進ヶ滝
山高神代桜(ヤマタカジンダイザクラ) 撮影06/4
 実は06年の4月にも、精進ヶ滝へ行きました。この時は林道が冬季閉鎖で精進ヶ滝まで行けなかった為、満開の神代桜を見てきました。
 幹が物凄く太く年輪を感じさせますが、樹勢の衰えは明らかです。でも、一生懸命、花を咲かすその姿は神々しさすら感じました。



撮影08/5
 2008年の5月、念願の精進ヶ滝の滝つぼまで行ってきました。九段の滝の右岸を高巻くのですが、踏み跡がしっかりしていないので、迷わないように注意が必要です。
 左の写真は、高巻いている途中で見えた九段の滝です。
 精進ヶ滝の滝見台近くから沢へおりてから40分、駐車場からは1時間20分で前衛滝の前まで来ることが出来ました。
 ここから、沢靴、ヘルメットを着用して、精進ヶ滝へ向かいました。それと熊よけ(熊鈴、熊よけスプレー)も念のため、装備しました。
精進ヶ滝(ショウジガタキ) 落差121m 評価10
 10分ほどで、精進ヶ滝の滝つぼまで来ましたが、滝つぼは別世界でした。
 滝前の白砂を沢靴で歩いて、滝の左側まで行きましたが、全身ずぶ濡れになってしまいました。とにかく大きいので、一枚の写真には入りません。やはり、滝はすぐそばで見るのが一番だと実感しました。評価も満点に変わりました。
 尚、私は単独行でしたが、当日は滝好きの皆さんによる精進ヶ滝オフ会だったようで、僭越ながら記念写真のシャッターを押させて頂きました。
 滝の映像
精進ヶ滝



撮影08/11
 08年5月に行った精進ヶ滝の滝前で受けた感動が忘れられず、今度は紅葉を見に再び精進ヶ滝の滝前へ行ってきました。
一の滝(イチノタキ) 落差6m 評価3
 左側の葉っぱが既に落葉していました。
二の滝(ニノタキ) 落差15m 評価6
 ここはなかなかいい紅葉でした。
 滝の映像
三の滝(サンノタキ) 落差6m 評価3
 滝前に流木がかかっていました。
九段の滝(クダンノタキ) 落差35m 評価8
 背景に太陽がかかって見事な景観でした。
 滝の映像
精進ヶ滝(ショウジガタキ) 落差121m 評価10
 九段の滝と精進ヶ滝の展望台は逆光になってうまく撮影できませんでしたが、何とか、修正して見れるようにしました。
 滝前のススキは既に茶色に変色し、滝の背景となる岩盤も茶色になっていました。確実に冬が訪れているようです。
 滝の映像
精進ヶ滝と九段滝 精進ヶ滝と前衛滝 精進ヶ滝の直下

日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。