獅子滝(Shishi taki)

山梨県甲斐市 総合評価4
 昇仙峡の左隣の沢に獅子滝があります。


撮影2021/5/6
 今回は二百名山の茅ヶ岳を登ることにします。
携行装備)
 ・登山靴、ダブルストック、手袋、レインウェア上下、
 ・GPS、コンパス、地図、デジカメ、ヘッドライト
 ・食料(カレーパン×1、チョコレート×4、ペットボトル×3)
(5時30分)
 3月に八ヶ岳の天狗岳登山口で右手首を骨折してから1ヵ月以上経過しましたので、リハビリも兼ねて、往復4時間程度の山ということで、茅ヶ岳を登ることにしました。
 早朝5時30分に出発しましたが、先客は車1台のみでした。
(5時50分)
 20分ほどで林道と出合いますが、ここまで車で来れるので、ここからスタートする方もいるようです。
(6時30分)
 林道出合いから40分で女岩に着きました。
 女岩は崖崩れの為、立入禁止となっており、右側の急斜面を高巻きます。
 眼下に女岩が見えました。
 女岩からは急斜面が続きます。
(7時20分)
 50分ほどでようやく尾根に着きました。尾根からは金峰山が見えます。
 深田久弥先生終焉の地の石碑がありました。深田久弥はこの地で脳卒中の為、急逝、68歳でした。
(7時50分)
 2時間20分で山頂に到着です。ほぼ予定通りです。
 茅ヶ岳は二百名山ですが、山梨百名山でもあります。
 山頂からは360度の展望が楽しめますが、あいにく富士山だけが雲で見えませんでした。
 
(8時25分)
 山頂には30分ほど滞在し、尾根道経由で帰ります。
(9時30分)
 1時間ほどで林道に到着しました。
 林道を左に向かうとすぐに往路で通った場所に出ます。
(9時50分)
 林道出合いからは20分ほどで登山口に到着しました。出発した時には私を含めて車は2台しかありませんでしたが、10台以上停まっていました。
 続いて獅子滝へと向かいます。皮肉なもので、山頂で見えなかった富士山が良く見えました。
 隣の沢の昇仙峡は全国区の観光地ですが、こちらはほとんど知られていません。
獅子滝 (シシタキ)地図 落差8m 評価4
 案内板の所から下を見下ろすと獅子滝が見えました。落ち口は見えず、潜り滝のようになっています。
 続いて県道101号線を上流へと向かうとすぐにおわん淵の案内がありました。
おわん淵の滝(オワンブチノタキ)地図 落差2m 評価2
 木々の間から滝が見えましたが、沢まで降りるほどの滝ではありません。
 更に上流へと向かうとおいらん淵の案内です。
 案内の所からは木々に邪魔されて滝を見ることが出来ません。少し進むとガードレルが切れたところから沢まで降りることが出来ました。
おいらん淵の滝(オイランブチノタキ)地図 落差2m 評価4
 こちらは見事な造形でした。二段の滝なのですが、下段の滝が末広がりに対し、上段の滝は別の流れが直接、下段の滝に注ぐという独特の形状をしています。
 最後はうし淵の滝です。
うし淵の滝 (ウシブチノタキ)地図 落差2m 評価2
 こちらは案内の所から川を覗くと小さな滝が見えました。
 滝の映像


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴 

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。