龍願淵 (Ryuganbuchi)

静岡県富士市入山瀬
 龍願淵は富士山と桜が同時に見れると人気のスポットです。


撮影2020/2/23
 今回は二百名山の愛鷹山を登ります。
(携行装備)
 ・登山靴、ダブルストック、毛糸帽子、手袋、レインウェア、セーターチェーンアイゼン
 ・GPS、コンパス、高度計、気圧計、温度計、地図、デジカメ、ヘッドライト
 ・カップヌードル×1、おにぎり×2、チョコレート×2
 ・熱湯用水筒×1、ペットボトル×4
(11時00分)
 愛鷹山には越前岳、位牌岳、前岳、呼子岳、愛鷹山など多くの峰々がありますが、今回は最高峰の越前岳を目指します。
(11時15分)
 十里木展望台に着きました。
 展望台からは富士山が非常に良く見えました。
 越前岳まで行っても富士山の景色はあまり変わらないので、正直、ここまででも充分です。
 テレビ塔の向こうに越前岳が見えました。
(11時50分)
 馬ノ背見晴台に到着です。
 十里木展望台から見た富士山とあまり変わりません。
 登山道は土砂が流出して歩きづらくなっており、又、至る所に踏み跡があります。
(13時30分)
 登山口から2時間30分で越前岳山頂に着きました。
 二党三角点「印野村」です。一等三角点は1504メートルの越前岳よりも標高が低い愛鷹山の方にあります。
 駿河湾が太陽の陽を浴びて輝き大変きれいでした。
 山頂で昼食休憩をとり14時下山します。
(15時40分)
 帰りは1時間40分でした。
 次は龍願淵へ向かいます。
龍願淵 (リュウガンブチ)地図 落差5m 評価2
 龍厳橋から上流を俯瞰すると富士山が見えましたが、滝というには少し無理がありました。
 続いて上流のヤスガ淵へと向かいます。
 橋の袂、左岸沿いを伝って沢まで降りました。
ヤスガ淵 (ヤスガブチ)地図 落差5m 評価6
 こんなに大きな甌穴は初めて見ました。
 下流にまわるとヤスガ淵に注ぐ小さな滝が見えます。
 実は甌穴とこの滝の間にも小さな淵があるのですが、そこには生活ゴミが渦を巻いていました。
 滝の映像


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。