佐渡島の滝(Sadogashima no taki)

佐渡市 撮影09/6
 佐渡汽船が期間限定(09年5月30日〜7月26日)で土日祝日の本土発乗用車往復運賃特別割引を実施したので、佐渡島に行ってきました。
 普通は私の車で33,650円かかる往復運賃が、7,060円(車輸送代2,000円+二等旅客運賃5,060円)になるという破格の割引料金です。その為か、土曜日の早い便はほとんどが埋まっており、予約出来たのは、土曜日13:40の直江津→小木便で、帰りは佐渡2泊の後、月曜日10:20の小木→直江津便でした。
 2泊3日ですが、1日中活動出来るのは、日曜日だけですので、効率よく廻れるように、分刻みでスケジュールをたてました。

(1日目)
 赤岩不動滝、いわくび養老の滝、東立島川の白滝、久知川の白滝
(2日目)
 法力和光滝、小田不動滝、関の大滝、泊川滝、大ザレの滝、平山の滝
 鍋倉の滝、十郎の滝、地獄谷黒滝、地獄谷白滝戸中不動滝、戸地不動滝
(3日目)
 雌滝、雄滝、旭滝

 上記の内、打ち消し線のある滝は、計画変更もしくは近くまで行って断念した滝です。
 法力和光滝は道に迷って途中で断念しました。GPSを持っていたので、無事に帰り着くことが出来ました。というか、事前の滝の位置が間違っていて、GPSに頼り過ぎたのが敗因です。
 平山の滝は、近くのダムまで行ったのですが、場所がわかりませんでした
 十郎の滝は、駐車場へ行った所、先客がたくさんいて、車を停める場所がなくて断念しました。
 地獄谷白滝は黒滝から行けるとのことでしたが、夏草が生い茂っていて諦めました。
 戸中不動滝は、近くの戸地不動滝を戸中不動滝と勘違いして、家に帰ってから別の滝とわかりました。
赤岩不動滝(アカイワフドウダキ) 羽茂三瀬 落差15m 評価2
 小木港について、佐渡一周線を右折してしばらく走っていると、バス停脇にひっそりと流れていました。
いわくび養老の滝(イワクビヨウロウノタキ) 岩首 落差29m 評価7
 本家の養老の滝にも迫る立派な滝でした。
 駐車場からすぐのお手軽滝ですから、佐渡の観光マップに載せても良さそうな滝です。
 滝の映像
白滝(シロタキ) 東立島 落差30m 評価5
 カーナビにも載っていない車一台しか走れない農道を延々と進み、さらに農道の終点に車を停めて、右側の沢におりて5分歩くと滝前へ出ることが出来ます。
 大きな一枚岩を大きく左右に分かれて流れていますが、中央の岩も濡れていることから、雨が降った後は、結構迫力があるかもしれません。
白滝(シロタキ) 下久知 落差5m 評価4
 赤玉という所から、今度は海岸線を離れて、内陸部に入ります。峠を越えてしばらく走っていると、道路沿いに見ることが出来ますが、案内板等はありません。
 沢を少し歩けば、滝前まで行くことが出来ます。
小田不動滝(オダフドウタキ) 小田 落差5m 評価4
 二日目に最初に目指した法力和光滝で時間を浪費しましたが、気を取り直して次の目的地、小田地区にある不動滝を目指しました。付近は900メートル級の金剛山、道人山があるだけあって、山越えは結構大変でした。外海府海岸まで出ると、今度は島内一周線を右折し、赤島を遠目に眺めて、しばらく行くと、不動滝へ入る道があります。夷神社まで行って車を停めて、藪こぎすると滝前まで行くことが出来ます。
 くの字型のかわいい滝でした。
関の大滝(セキノオオタキ) 落差20m 評価7
 関川沿いの林道をどんどん登っていくと、やがてお地蔵さんの祠があります。この祠から絶壁状となった川を覗き込むと、見事な滝が落ちていました。
 滝も素晴らしいですが、絶壁にへばりついた緑もなかなかきれいでした。
 滝の映像
泊川滝(トマリガワダキ) 岩谷口 落差30m 評価7
 大ザレの滝の一本手前の沢、泊川にかかります。車で走っていると嫌でも目に入ってきますが、逆に橋に近すぎて一枚の写真に収めるのに苦労しました。
 大ザレの滝の前座としては立派過ぎる滝です。
 滝の映像
大ザレの滝(オオザレノタキ) 真更川
 佐渡の滝のクライマックスが大ザレの滝です。滝前に出るには海から船で行くか、夏草が生い茂った険しい道を進むか、いずれにしても、一般の観光客は見ることが出来ません。
 観光客は左の写真のように滝上の海府大橋から落ち口を臨むだけです。
(10時50分)
 私は海府大橋から850メートル大野亀寄りにある柿畑のはずれから海岸におりる道を行きました。左の写真は海府大橋から大野亀方面へ向かって850メートル付近を撮った写真で、最初の電柱付近にあるコンクリートの作業道を左側へ入って行きます。
(10時51分)
 作業道をしばらく歩くと、密漁禁止の案内板があります。ということは、ここから海へ行けるということを意味します。
(11時10分)
 20分ほどで海岸まで降りることが出来ましたが、トゲのある夏草やトンネル状になった夏草を潜るように越えたり、時間以上に苦労しました。まだ、6月ですから、これが8月になったら、物凄い状態になると思います。
 長袖シャツ、長ズボン、手袋は必須でしょう。
(11時15分)
 海岸沿いは漁具や漂流物で物凄いゴミの山でした。秘境感が台無しですが、海からの漂流物はどうしようもありません。
 左のゴミはハングルが描かれたペットボトルですので、韓国からの漂流ゴミと思われます。
(11時20分)
 10分ほど海岸沿いを歩いていると、大ザレの滝の正面まで来ることが出来ました。ここから見ると、海府大橋が見えます。
 後は、滝つぼまで行くだけですが、今回は長靴で行ったので、川の中をジャブシャブと歩いて行きましたが、普通の靴では川脇の藪の中を歩かなければならず、かなりつらいでしょう。長靴が正解でした。
大ザレの滝(オオザレノタキ) 真更川 落差70m 評価9
(11時23分)
 車を停めた所から、30分ちょっとで滝前まで来ることが出来ました。予想より大分早く到着しましたが、夏草が比較的少なかったことが良かったようです。
 V字に切れ込んだ落ち口、大量に流れ落ちる水、70メートルはある落差、どれをとっても見事で、日本を代表する名瀑といっていいでしょう。
 しかも、佐渡島という離島にあること、それなりの覚悟がないと滝前に立てないことを考えると非常に貴重な時間を経験することが出来ました。
 滝の映像
 大ザレの滝の後、大野亀を廻って、内海府海岸に入って両津港方面へ向かいました。
 当日はカンゾウ祭りというイベント中で、広大な駐車場が満杯で物凄い人手でした。
 大野亀をさらに進むと、今度は二つ亀という島がありました。この辺も秘境感たっぷりの景観でした。
鍋倉の滝(ナベクラノタキ) 大久保 落差10m 評価5
 外海府から一気に国中平野まで戻ってきました。
 滝前には白い文覚上人坐像があり、滝つぼの中の岩には梵字が彫られている信仰の滝です。
黒滝(クロタキ) 上新穂 落差25m 評価5
 秘境感たっぷりのその名も地獄谷の源流部にある滝です。自衛隊の分とん地近くの林道から入って、斜度14度の坂を上ったり降りたりしながら、駐車場まで行きます。さらに、そこから沢までおりると黒滝前に立つことが出来ます。案内には下流に白滝もあるとありましたが、あまりの夏草にあっさり白滝は諦めました。
 源流部の滝とあって水量は少ないですが、秘境感には満足しました。
戸地不動滝(トチフドウタキ) 戸地 落差5m 評価2
 戸中不動滝を目指して、家に帰るまでこの滝が別の滝であることに気づきませんでした。ネットで見た滝はもっと迫力ある滝でしたが、疲れていたこともあり、あまり疑うことなく、満足してしまいましたが、後少し行けば、戸中不動滝を見れたようです。
 尚、この滝の背後にも水量は少ないですが、大きな滝がありました。
雌滝(メタキ) 西三川 落差6m 評価6
 最終日の目的は西三川の雌滝と雄滝です。魅力はやはり秘境感ですが、雌滝は入り口が既に背丈ほどの夏草だった為、沢に退避して長靴で10分ほど歩いて滝前まで行くことが出来ました。
 落差はありませんが、期待通りの厳粛感があり、秘境の滝を堪能しました。
雄滝 (オタキ) 西三川 落差10m 評価6
 続いて、雌滝のさらに上流にある雄滝を目指しました。雌滝よりさらなる秘境感を期待していったのですが、ちょっとショックでした。
 というのも左の写真ではわからないのですが、上下二段の段瀑になっている為、上段の滝の滝つぼまでよじ登った所、滝つぼにパイプがあったのには力が抜けました。雌滝と違ってこちらは、お堂まで出来ている信仰の滝でした。
 滝の映像
佐渡金山 相川銀山町
 折角、佐渡島まで来て、観光しないのも勿体無いと思い、佐渡金山へ行ってきました。黒滝の帰り道、大佐渡スカイラインを相川側へ降りた所に佐渡金山があります。
 蟻の巣のように張り巡らされた坑道に驚きましたが、もっと驚いたのはリアルな人形達でした。いまにも、話しかけられそうで少し怖くなるぐらいのリアルさでした。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。