大樽沢大滝(Ootarusawa ootaki)

静岡県静岡市葵区内匠 総合評価7
 県道189号線を内匠で左折し林道へ入り舗装が途切れるところに車を停めます。


撮影2015/5/23
(12時00分)
 大樽沢を右に見ながら歩きはじめるとすぐに堰堤が見えました。
(12時08分)
 藪こぎをしているとすぐに左岸から流れ込む桃の木沢出合に到着します。
(12時40分)
 実は桃の木沢を大樽沢と勘違いして30分ほど登ってしまいました。この滝のところで気がついて引き返しましたが、大きな滝はありませんでした。
(13時00分)
 1時間ほどの時間ロスになりましたが、気を取り直して大樽沢を登るとすぐに大きな滝が見えました。
大樽沢大滝 (オオタルサワオオタキ)地図 落差25m 評価7
(13時06分)
 対岸に渡って見上げるとと、大滝という名前にふさわしい立派な滝で、大きく二段になって落ちていました。
 滝の左右ともに切り立った崖になっていて、ここの突破は難しそうです。
(13時15分)
 滝の左側、右岸を見ると残置ロープがあったので、使わせて貰い、左側の斜面を大きく高巻いて行くことにしました。
(13時17分)
 大滝を右に見ながら崖を恐る恐る歩きます。落ちたらただでは済みません。
(13時22分)
 沢登りをしていると左側の山が山体崩壊といっても良いくらい崩れているところへ出ました。左側は怖いので滝の右側の斜面をよじ登ります。
山の神滝 (ヤマノカミタキ)地図 落差8m 評価6
(13時33分)
 前方に幅広の立派な滝が現れました。大きな岩の間をすり抜けるように水が流れ落ちていました。
(13時38分)
 ここは滝の右側の斜面をよじ登って越えます。
(13時46分)
 すると植林地帯に出ました。こんなところまで植林するとは本当に林業は大変です。
(13時56分)
 しばらく沢歩きをしていると、右俣相谷沢、左俣水ノ口沢の分岐に出ました。相谷沢を行くと不動滝、水ノ口沢を行くと九ツ滝がありますが、最初は相谷沢へ向かいました。
不動滝 (フドウタキ)地図 落差8m 評価5
(14時01分)
 5分ほどで不動滝の前に着きました。黒光りした壁面を落ちる直瀑です。
(14時08分)
 分岐まで戻り、今度は水ノ口沢を登ります。
九ツ滝 (ココノツタキ)地図 落差50m 評価4
(14時11分)
 すぐに九ツ滝の一番下の滝へ到着です。ここから上流に向かってたくさんの小さな滝が連なります。
(14時14分)
 小さな滝とは行っても斜面は結構急なので登るのは大変です。
(14時29分)
 似たような渓相が延々と続き、まさに九ツ滝です。
(14時35分)
 渓谷が狭まったところに最後の滝がありました。ここから上流は穏やかな流れとなるので、ここで引き返します。
 滝の映像
(15時00分)
 相谷沢との分岐です。このあと、植林地帯を歩いていたら道を間違えて、来た時とは逆に山の神の滝の右岸の崖を降りてしまいました。
(15時43分)
 3時間43分で戻って来ました。心配した蛭も出ずやれやれです。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。