乳穂ヶ滝(Nihoga taki)

青森県中津軽郡西目屋村田代
 乳穂ヶ滝は岩木山の懐、西目屋村のおんな坂温泉にあります。


撮影2016/8/15
 入口の鳥居をくぐると、
 立派な剣が出迎えてくれます。
 坂道を少し登ると広々とした空間に出て、大きな滝に驚かされます。崖の中腹には祠も組まれていました。
乳穂ヶ滝(ニホガタキ) 落差32m 評価6
 壁面は、祠の上はゴツゴツとした岩ですが、祠の下は粘土質になっています。もう少し水量があればよいのですが、残念でした。
 祠に登って裏見をしてきました。
 道路の車が走っているのが見えるのには驚きました。
 滝の映像
 乳穂ヶ滝に行った後は百名山の岩木山に行って来ました。
 岩木山神社から5時間以上かけて登るのが本格的ですが、今回はお手軽に津軽岩木スカイラインから行きました。
(携行装備)
 ・登山靴、ダブルストック、帽子、手袋、レインウェア
 ・GPS、コンパス、高度計、気圧計、温度計、地図、デジカメ、ヘッドライト
 ・食料(カップヌードル×1、おにぎり×2、キャラメル×1、ペットボトル×2) 、熱湯用水筒
(8時30分)
 津軽岩木スカイラインの開通時間の8時に料金所に行くと既に5台ほど待っていました。8合目の駐車場に着くとリフトが動き始めるのが9時とのことですので歩いていくことにしました。
 背よりも高い木々の間をすり抜けるようにして登ります。
(9時00分)
 リフトで9合目の鳥海山まで行くことが出来ますが、30分でリフトとの分岐である鳥の海噴火口に到着しました。
 噴火口を覗き込むと岩木山が火山であることが良くわかります。
 リフト降り場が下の方に見えました。
(9時10分)
 岩木山神社との分岐に到着しました。リフトを使えば10分ですが、岩木山神社からだとここまで5時間もかかります。
 この分岐にある鳳鳴ヒュッテは1964年1月の4人が死亡した大館鳳鳴高校山岳部員遭難事故の翌年に建設されました。
 鳳鳴ヒュッテを過ぎると厳しい岩場になります。
 岩場を登り切ると平坦な場所になり、ここから山頂を望むとあと少しです。
 登山道は基本的には右側通行です。
(9時30分)
 駐車場から1時間、リフトなら30分で山頂に到着です。あまりにお手軽な百名山でした。
 時間が短いとはいえ厳しい岩場もあります。帰り道でハイヒールのサンダルで登っている女性にはさすがに驚きました。あまりに無謀なのでここで引き返した方が良いと注意したのですが、無視されました。万が一、足をくじいたら一人では帰ることは出来ません。どうされるのでしょうか。
 山頂には一等三角点「岩木山」があります。
 又、岩木山神社の奥宮もあります。
 岩木山は成層火山で晴れてれば360度の展望が楽しめるのですが、あいにく曇り空で景色はほとんど見えません。山頂には15分ほどいましたが、ガスが晴れる気配もないので早々と下山することにしました。
(10時10分)
 この後、八幡平へ行きたかったので、帰りはリフトを使うことにし、リフト乗り場には10時10分に到着しました。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。