根尾の滝(Neo no taki)

下呂市小坂町 総合評価9
 根尾の滝は奇岩で有名な巌立から、5キロ程、未舗装の山道を入ったところにあります。途中には三ツ滝、からたに滝、あかがねとよの滝などの滝があります。

撮影06/5
 御嶽山からの雪融け水がまだまだ豊富な時期に行って来ました。
巌立(ガンダテ)
 御岳の火山活動初期の噴出物によって形成された柱状節理だそうです。
三ツ滝(ミツダキ) 落差22m 評価6
 巌立から良く整備された遊歩道を5分ほど歩くと着きます。名前の通り3つの滝からなる段瀑です。
あかがねとよ 落差15m 評価6
 長い年月をかけて滝が岩を削り、奥へ奥へと後退しています。
案内板  駐車場から2.2キロ程、遊歩道を歩きますが、平坦な箇所はほとんどなく登るかくだるかのどちらかです。
案内板 案内板にある通り相当の覚悟が必要です。
吊橋 入り口から吊橋までは750メートルでほとんど階段のような道をおりていきます。根尾の滝の下流にあたる沢に出ますが、吊橋を越えてからは再び山道を登ることになります。
あまどり岩 この後は登ったりくだったりの繰り返しです。中間点を過ぎたあたりで右側にあまどり岩が見えるのでここで一休みします。
根尾の滝(ネオノタキ) 落差63m 評価9
根尾の滝 案内板の通り、約50分で根尾の滝が見える河原に到着しました。ここから、大きな石が転がる沢をさらに10分ほど登って直接、飛沫を浴びれるところまで近づきました。苦労して辿り着いた滝は格別で、見事な滝でした。
 帰りは吊橋を過ぎてからの登り道がかなりきつく、1時間15分ほどかかってしまいました。
 滝の映像


撮影07/11
 紅葉の巌立に行って来ました。今回は濁河温泉まで行きたい為、根尾の滝はパスしました。
巌立(ガンダテ)
 巌立の後ろの山々が紅葉していました。
三ツ滝(ミツダキ) 落差22m 評価6
 紅葉の時期だったので、巌立と三ツ滝はたくさんの人がいました。
あかがねとよ 落差15m 評価6
 前回、からたに滝だと思ったのは、あかがねとよでした。雪融け時だった前回との水量の差は、この滝を見ると歴然としています。ただ、水量がないことから、この滝の特徴である蛇のうろこのような壁面を良くみることが出来ました。
からたに滝 落差10m 評価6
 前回来た時はこの滝を見ないで帰ってしまいました。今回はそれが心残りで確認しに来ました。こちらが本流なのか、あかがねとよとの水量の差は歴然としていました。でも、前回は雪融け時でしたので、もしこの滝を見ていたらどれほど凄い水量だったでしょうか。
 滝の映像

日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。