稲ヶ谷の滝(Inagedani no taki)

滋賀県甲賀市土山町大河原
 水木谷の滝は鎌ヶ岳の武平峠登山口の案内板に書かれている滝で、異なる沢に稲ヶ谷の滝と水木谷の滝がかかります。


撮影2018/11/11
 雨乞岳の登山口には水木谷の滝5分と書かれていますが、当日は水木谷の滝と勘違いして、雨乞岳登山道方面にある稲ヶ谷の滝へ行ってしまいました。
 私のページを見られた方から間違いを教えて頂き訂正することが出来ました。この場を借りて御礼申し上げます。
 最初に沢を渡って上流へと向かいます。
 するとすぐに沢が右へと曲がるので、ここで沢底を行かず、上部の踏み跡を歩きます。
 落ち葉に埋もれた踏み跡は踏み外せば沢へと落ち大けがを負うでしょう。この辺は慎重に歩かなければなりません。
 5分ほどで小さな二段の滝が見えました。時間的にはあっており、最初はこれが水木谷の滝かと思いましたが、さすがにこんなに小さくはないだろうと思いなおし上流へと進みます。
 滝の右側を慎重に進みます。
 すると滝の落ち口へと降りるロープがあり、落ち口へと降りました。
 その後も道なき道を歩きます。段々と不安になってきましたが、その時、前方に大きな滝が見えました。おもわずやったーと喜ぶぐらいの立派な滝でした。時間は入口から20分もたっていましたが…。
稲ヶ谷の滝 (イナゲダニノタキ)地図 落差25m 評価8
 二段に見えますが、上段の滝の上部にはしぶきがたっており、もう少しあるのかもしれません。秘境感、水量、二段に落ちる滝の姿といい久しぶりに一級品の滝に会うことが出来、大満足です。
 滝の映像


撮影2021/8/10
 前回、行けなかった水木谷の滝へ行くことにしました。
 雨乞岳登山道ではなく、手前の沢を渡ります。
 距離は短いですが、注意書きの通り安全を期して、ヘルメット、沢靴の完全沢登り装備としました。
 それからこの辺は蛭の生息地です。念の為、百円ショップで購入した虫よけスプレーも持参しました。
 大きな石が転がっている中を登って行きます。
 沢が左側へと曲がります。
 カーブを抜けたその先に滝が見えました。
水木谷の滝 (ミズキダニノタキ) 落差8m 評価5
 どうみても稲ヶ谷の滝の方が立派ですが、どうしてこちらの滝の案内があって、稲ヶ谷の滝の案内がないのか不思議です。.
 案内板には5分とありましたが、12分ほどかかりました。沢の中を歩くので長靴か渓流靴が必須です。
 落差はありませんが、堂々とした直瀑でした。
 滝の映像


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。