空也の滝 (Kuya no taki)

京都府京都市右京区嵯峨清滝月ノ輪町
 空也の滝は京都府最高峰の愛宕山登山道の途中に見ることが出来ます。


撮影2020/2/15
 今回は日本三百名山の愛宕山を登ることにしました。
(携行装備)
 ・登山靴、ダブルストック、毛糸帽子、手袋、レインウェア、セーター
 ・GPS、コンパス、高度計、気圧計、温度計、地図、デジカメ、ヘッドライト
 ・カップヌードル×1、おにぎり×2、チョコレート×2
 ・熱湯用水筒×1、ペットボトル×4
(8時10分)
 8時10分に清滝登山口を出発します。
 ワンコが見送ってくれました。
 背中の犬のぬいぐるみがとてもかわいいです。
 表参道は登山口から山頂まで50丁あります。十七丁目には火燧権現が祀られていました。
 昔は、伊勢へ七度、熊野へ三度、愛宕山には月参りと言われるくらい多くの登山客で賑わいましたので、表参道沿いには昔の茶屋跡がたくさん残っています。
 これは三十丁目の水口屋跡です。
 登山道から見事な雲海が見えました。
 昔は、カワラケ (日干し土器の皿) 投げが行われていたそうです。
(10時10分)
 駐車場から2時間で水尾登山口との分岐に着きました。
 愛宕神社手前の石段です。これを登り切れば山頂の神社です。
(11時10分)
 3時間で愛宕神社に着きました。出発時と同じワンコが迎えてくれました。
 私が遅いのかワンコが早いのか、わかりませんがいつのまにかワンコに抜かれていたようです。
(11時50分)
 昼食は久しぶりのカレーヌードルです。神社で40分ほど休憩し、11時50分に出発しました。
 帰りは空也の滝を見るために月輪寺方面へ降ります。
 ところがここで道を間違えて大杉谷を降りてしまいました。
 大杉谷から下山道を眺めるとかなり山深いのがわかります。
(13時10分)
 月輪寺、空也の滝方面へと向かう林道に到着しました。
 まっすぐ行けば登山口ですが、ベンチ脇に荷物を置いて空也の滝へと向かいます。
(13時23分)
 月輪寺へと向かう分岐に着きました。駐車場はありませんが、ここまでなら車で来ることが出来ます。
 空也の滝へは月輪寺への登山道ではなく、沢沿いの道を進みます。
 鳥居が現れました。
 滝へと期待が高まりますが、木々が倒壊し、かなり荒れています。
(13時33分)
 滝までたどり着けるか心配でしたが、滝前は全く問題ありません。
 滝の右側にはお不動様が安置されていました。
空也の滝 (クウヤノタキ) 落差10m 評価6
 小さな支流ですが、水量も意外とあり、壁面の苔と相まって幻想的な雰囲気がします。
 滝の映像
(14時20分)
 帰りは林道をダラダラと歩き1時間ほどで帰ることが出来ました。
 京都市内から愛宕山を遠望しましたが、さすが京都府最高峰です。良く見えました。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。