桐原の滝(Kirihara no taki)

鹿児島県曽於市財部町下財部
 桐原の滝は瓶臺山や黒石岳を水源とする大淀川水系の溝口川にかかります。


撮影2009/1/1
 一帯は桐原の滝公園として整備され、キャンプ場やミニ動物園、滑り台もあります。
桐原の滝 (キリハラノタキ) 落差10m 評価6
 宮崎県の関之尾の滝の上流に位置し、広い川幅のあちらこちらから水が落ちていました。
 滝の映像


撮影2022/1/2
 13年振りに桐原の滝を訪問し、廃墟と化しているのに驚きました。
 貧乏な自治体が中途半端に開発した典型例をここでも見る事が出来ます。
 滝自体は自然物なので影響ないだろうと思い階段を降りて行くと、
 東屋が所々壊れていました。
 滝を真正面から見る遊歩道はロープで封鎖されています。
 名前は財部町とお金持ちに見えますが、実際は過疎の町で貧乏なんでしょう。
桐原の滝 (キリハラノタキ) 落差10m 評価6
 前回来た時もお正月だったので水量は余り多くありませんでしたが、今回は更に少ない水量でした。
 続いて三連轟の滝に向かいます。
三連轟の滝 (サンレントドロノタキ) 落差23m 評価3
 駐車場に車を停めて道路へ出て少し歩くと滝を見おろすことが出来ますが、ほとんど水が流れていませんでした。
 実は上流で取水しており、下流の溝ノ口滝の直後で発電している為です。
 溝ノ口滝にも行ってみましたが、滝前は大きく開けた園地となっていました。
 園地の最深部まで進むと発電所があり、ここで水を落としています。
溝ノ口滝 (ミゾノクチタキ) 落差5m 評価2
 従って、溝ノ口滝もほとんど水が流れていませんでした。
 滝の映像
 折角ですので、鹿児島県の観光ガイドブックに記載されていた溝ノ口洞穴に行ってみました。
 洞穴の長さは200メートルと結構あります。
 入り口には探検用にライトまで用意されていました。
 霧島山系の湧水が長い年月をかけて浸食してつくりあげたそうです。
 2021年3月には国の天然記念物に指定されました。
 地元自治体としては滝よりもこちらを推したいのかもしれません。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。