早戸大滝(Hayato ohtaki)

神奈川県相模原市緑区鳥屋
案内板  相模川の上流、宮ヶ瀬湖に注ぐ早戸川にかかる大瀑です。上段40メートル、下段10メートル、2段の滝ですが、上段の中間に大きな岩がせり出しており、全容を見ることが出来ないことから、幻の滝と呼ばれています。また、沢沿いの道を2時間かけて登っていかないと辿り着けないことからも、幻の滝と呼ばれます。
 途中は、ロープ・鎖場、沢渡り、崖、ゴーロなど難所が一杯です。沢は5回以上は渡るので、足許は確実に濡れます。私は最初から、渓流靴をはいて行きました。但し、渓流靴がいいのは、沢を渡る時だけです。岩場も多いので、登山靴で濡れるのを覚悟していった方がいいかもしれません。
根っことロープで登る崖  道に迷いそうになった時は、廻りを見回すと、先人が付けてくれたテープなどが木の枝についているので、それを目印にします。目印が見当たらない時は、川の向こう岸を捜すと、向こう岸の木の枝に印がついています。その場合は、川を渡れということです。
 最後の難所は、もの凄い急坂を木の根っことロープを使ってよじ登ります。
早戸大滝の全容 すると、早戸大滝の全容が見えるところに着きます。さらに崖沿いの道を進めば、滝つぼまで辿り着くことが出来ますが、この崖も結構、危険です。
早戸大滝 撮影06/9 落差50m 評価10
 2時間かけて辿り着いた滝は、大きな岩の後ろを物凄い勢いで水が流れ落ちていました。滝の前を岩が隠すという、今まで見たことがないユニークな滝でした。
 滝の映像
滝つぼから見上げた滝 滝つぼから見上げた滝

日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。