補陀落の滝(Fudaraku no taki)

伊賀市西高倉 撮影09/9 落差5m 評価5
 伊賀上野市の市街地から高倉神社方面へ行きます。赤い欄干の秋葉口橋に続いて、不動橋が現れたら、橋の向こうを右折すると滝への入口があります。ここの案内板に、かっては首落の滝、または那智の滝と呼ばれたとあります。この滝が首落の滝と呼ばれていた頃、源義経が宇治へ出陣する時に、その名を嫌って、長田から出陣したと「源平盛衰記」にしるされていると案内板に書かれていました。
 私が行った時には、首を落とすほどの勢いは感じられませんでしたが、手前の小さな滝とのコントラストが絶妙でした。


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。