大門不動滝(Daimon Fudotaki)


長野県小県郡長和町大門地図
 大門街道から不動滝の看板を入ってしばらく車を進めると滝への入り口があります。


撮影2012/2/4
 ブランシュたかやまスキーリゾートへ行った帰りに氷瀑で有名な大門不動滝へ行ってみました。
 大門街道から不動滝の看板を入り、雪道を進みます。不動滝2.5キロの看板を過ぎてから、結構な急坂になります。道路に雪が降り積もっていて、四輪駆動車でないと進めないでしょう。
 さらに雪が深くなって、写真の案内板の300メートルほど手前で車を放棄して歩いて行くことにしました。
 橋を渡ると不動滝600メートルの案内板がありました。
 さらに歩いていくと、車両通行不能の案内板と不動滝まで450メートルの案内板がありました。
 雪がなければここまで車で来ることが出来るようです。
大門不動滝(ダイモンフドウタキ) 落差15m 評価7
 450メートルの案内板から5分ちょっとで滝前まで来ることが出来ました。
 15メートルの落差があるのですが、完全に氷っていました。でも、滝の真ん前まで行くと氷の向こう側に水が流れる音がしました。
 滝の映像


撮影2013/8/3
 前回は氷瀑でしたので、今回は夏の大門不動滝へ行ってみました。
 大門街道から不動滝の看板を入って進んでいると、冬にはなかったゲートが現れました。進入禁止かと思いましたが、獣よけの柵なので、鍵がかかっていなかったのでほっとしました。
 冬行った時に車を放棄したところを過ぎてダートに入り、一番奥の駐車場に着きました。ここからなら450メートルなので3分ぐらいで滝まで行くことが出来ます。
 雪で半分埋もれていた車両通行止めの看板も良く見えました。
大門不動滝(ダイモンフドウタキ) 落差15m 評価7
 冬には5分ちょっとかかりましたが、今回は3分で滝前まで来ることが出来ました。
 冬とは全く異なる不動滝です。大きく二筋に分かれており、壁面には苔が生えていました。滝つぼは深くありませんが、大きく滝前に広がっています。夏の暑さを忘れて、しばらくの間、清涼感に浸ることが出来ました。
 滝の映像

日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

 

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。