鮎滝(Ayu taki)

愛知県新城市 総合評価3
 寒狭渓大橋から上流に鮎滝、下流に新滝の二つの滝を見ることが出来ます。


撮影2008/2/24
 この滝を溯上する鮎を網ですくったところから、鮎滝と名付けられたそうです。この漁法は今でも伝統漁法として継承されているそうです。
鮎滝 (アユタキ)地図 落差2m 評価3
 駐車場に車を置いて、河原までおりますが、寒狭渓大橋の上からだと全体を見ることが出来ます。
 鮎が溯上するぐらいですから、落差はありませんが、渓谷が狭くなった所を勢いよく水が流れていました。
 滝の映像


撮影2008/2/24
 
鮎滝 (アユタキ)地図 落差2m 評価3
 2月の時と比べると、水量も多く新緑もきれいでした。
 今回は少し上流の花の木ダムにも行きましたが、前日の雨により期待通りのナイアガラ滝状態になっていました。落ち口は人工物なのですが、下側は自然の岩が露出しており、壮観でした。
 滝の映像


撮影2016/2/15
 寒狭渓大橋を再訪しました。
鮎滝 (アユタキ)地図 落差2m 評価3
 橋の上から上流側の鮎滝を見ましたが、前日の雨のせいか、冬にもかかわらず水量が豊富でした。
 滝の映像
 下流を見ると新滝が見えました。
 右岸の袂から河原へおります。
 ここが河原への入り口になります。
 猿橋へでました。この橋は水かさが増すと水没するそうです。
新滝 (シンタキ)地図 落差2m 評価3
 落差はほとんどありません。
 渓谷が狭くなった所を勢いよく水流れます。
 最後は猿橋の下を流れていきました。
 滝の映像


日本の滝(ホーム) 静岡県の滝 静岡県以外の滝 日本の滝百選 自薦百選の滝 訪問履歴

滝の評価はあくまでも私個人の主観にもとづくものです。又、評価は気象条件等によっても変わることをご承知おき下さい。
このホームページについての御意見・御感想は、GAF03402@nifty.com までお寄せ下さい。
本ホームページの著作権は、S.KOBAYASHI に帰属しております。
本ホームページの内容の一部、または全部を、私的利用を目的とした複製等、著作権法その他法令で認められる範囲を超えて無断で複製、変更することは法律で禁じられております。